投資の利回りはアメリカと日本では違う?おすすめなのはどっち!

目安時間5分

 

この記事は、投資の利回りはアメリカと日本とではどれくらい違うのか、また利回りの高いアメリカの不動産のおすすめについて説明します。またアメリカの株は配当が高いと聞いたことがあると思いますが本当か解説したいと思います!

 

この記事を読むメリット

1.投資の日本とアメリカの違いを知ることができる。

2.アメリカへ投資する際のおすすめ方法が分かる。

 

この記事を読むことで、投資の日本とアメリカの違いを理解したうえで、おすすめの投資先を知ることができます。

 

 

投資の利回りはアメリカと日本ではこんなに違う!?

 

最近、米国株や米国不動産へ投資をする人をよく目にするようになりました。

 

アメリカと日本への投資ではどのように違うのか、説明します。

 

アメリカと日本の投資の違い

アメリカ株は上昇し続けている

アメリカの株式投資は長期にわたって上昇の傾向が続いており、1990年代~の30年間で株価が約12倍にも成長しています。

 

日経平均株価の成長は、乱上下を繰り返し、最終的にはそれほど株価は上昇していません。

 

株価の成長=配当につながるので、アメリカの方が日本より投資の利回りが良い傾向にあります。

 

 

配当金の支払い回数が日本の倍以上

アメリカでは配当金は年4回支払われます。

それに対し日本では年1~2回の支払いとなるため、アメリカの方が配当金は高くなる傾向にあります。

 

 

投資利回り!アメリカの株は高配当って本当?

 

日本と比較するとアメリカの方が、配当金や利回りは高くなる傾向にあります。

 

理由は先ほども少し触れましたが、利回りが高くなる理由は3つあります。

 

①アメリカの株価の継続的な成長

②配当金が年4回、日本と異なり株主への還元を大きくする傾向がある

③為替によるキャピタルゲインがある

 

もちろん、為替は利回りを下げることもあるので注意が必要です。

 

 

投資利回り!アメリカの不動産のおすすめ

 

アメリカの不動産では、日本の不動産の購入よりもおすすめの理由があります。

 

国内の不動産の場合、家賃収入(インカムゲイン)と購入と売価客額の差額(キャピタルゲイン)が利益になります。

 

しかし、アメリカの不動産の場合にはここに為替益も追加されることになります。

 

不動産を所有している間に円安が進むと、日本円を持っているより所有している不動産の価値の方が高くなります。

 

もちろん、円高になれば不動産の価値の方が下がることも可能性として十分に考えられます。

 

 

米国への投資でより高いリターンを狙える!

ここまで読んでいただいて、米国への投資の魅力が伝わったのではないでしょうか。

 

もちろん、為替の変動で損が出るリスクもありますが、アメリカは近年成長し続けている実績があります。

 

もし、高いリターンを狙うのであれば米国への投資も考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

 

   未分類   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
【0円】ほったらかしメルマガ登録

ほぼほったらかし運用術

♡プロフィール♡

プロフィール画像

 

ゆうです☆彡

0歳5歳2人の子育てしながら、3年間毎月0.65%の運用してます(*’ω’*)
妊娠中も子育てしていてもできる「すきま時間」を使った運用方法です☆

大手企業のサービスを活用していますので、安心安全ですよ(*’▽’)

 

カテゴリーはこちら♡
♡ブログランキング参加中☆彡

ブログランキングに参加しています(*’ω’*)b
あなたの清き一票を~↓↓↓


人気ブログランキング

読みたい記事を探す♡

ページの先頭へ